大阪なすレシピ〜カリッとなすミート〜
見出し画像

大阪なすレシピ〜カリッとなすミート〜

2020年4月に募集しました「おもてなし大皿なす料理レシピコンテスト」にたくさんのご応募ありがとうございました。ご応募いただいたレシピは、1次審査(書類審査)が終わり入選作品3作品を決定しました。

今回は、その第2弾となる「カリッとなすミート」(森田 宏子様)のレシピを公開します。

材料と分量(5~6枚分)

画像1

・大阪なす 大1個(150gくらい)
・ミートソース 100g
・フランスパン 1/3本
・チーズ(ピザ用) 20g
・オリーブオイル 小さじ2杯
・塩・胡椒 適量

レシピ

画像2

1.フランスパンをななめに1cmくらいの厚さに切る。

画像3

2.なすを縦4つに切り、小さめの乱切りにする。塩分(3%)に10分つけて、あくをぬく。水分を軽くしぼる。

画像4

3.フライパンにオリーブオイルを熱して、なすを強火で炒める(2~3分)。焼き色がついたら弱めの中火にして、やわらかくなるまで炒める(2~3分)。塩・胡椒をふる。

画像5

4.3のなすとミートソースをまぜる。

画像7

画像6

5.チーズをのせる。

画像8

6.200℃に予熱したオーブンで10分焼く。チーズがこんがり焼けていれば、取り出す。

画像9

ミートソースの作り方

ミートソースは、缶詰やレトルトのミートソースを使うと簡単にできます。ベターホーム、NHK「きょうの料理」、レタスクラブを参考にしました。これで600gくらいできます。

・牛ミンチ 250g
・たまねぎ 1/2個(100g)
・にんじん 3cm(25g)
・セロリの茎 2本分(25g)
・にんにく 1片(10g)
・トマト缶(400g~450g)
・オリーブオイル
・赤ワイン 大3
・スープの素 小1/2
・ケチャップ 大2
・赤みそ 小1
・ローリエ 1枚
・砂糖・塩・胡椒 適量

画像10

1.たまねぎ・にんじん・セロリの茎を細かいみじん切りにする。フライパンにオリーブオイル大1/2を熱して、中火で炒める。たまねぎに少し色がついたら、火をとめて塩・胡椒をふって取り出す。

画像11

2.にんにくは、薄く切る。フライパンに新たにオリーブオイル大1を熱して、弱火でじっくり炒める。にんにくがきつね色になったら取り出す。

画像13

画像12

3.2のなべに牛ミンチを加えて、やや強火で炒める(オリーブオイルが足りなければ少し足す。)。肉の色がほぼかわったら、塩・胡椒をふり、赤ワインとローリエを加える。

画像14

4.3のなべに、1とトマト缶を加えて、トマトをつぶしながら中火で煮る。水1カップとスープの素を加える。

画像15

5.トロリとした状態になるまで煮る。トマトケチャップと赤みそを加え、味をみながら、塩と砂糖を加える(だいたいどちらも小1/2くらい)。

最後に。

画像16

今回は、おもてなし大皿なす料理レシピコンテスト入選作品3作品の一品である「カリッとなすミート」のレシピについて、ご紹介しました。最後に、レシピ提案者の「森田 宏子」様より、おすすめポイントのコメントをいただいています。

中学生になすを「おいしい」と言ってほしい一心で考えたミートソースとの組み合わせ。つまんで食べやすいように、大きなグラタン皿ではなく、フランスパンにのせて焼きました。はじめ、なすをスライスしていたのですが、「食べにくい」「もっと火を通したほうがなす美味しい」との声で、小さく切ってミートソースと混ざました。カリッとやけたフランスパンとも相性抜群です。

ぜひ皆さんも本レシピを参考に、大阪なすを使った料理を作ってみてください。また、Youtubeに動画もアップされていますので、合わせてご覧ください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!今後も富田林市をよろしくお願いします!

ありがとうございます!
大阪市内から約30分に位置する富田林市は、自然と歴史が豊かな人口約11万人の街です。このnoteでは、富田林市の「ヒト」「モノ」「スポット」など、街にあふれる魅力を中心に紹介します。是非気軽にフォローして、ご覧ください。